人気ゲームアプリのまとめ|艦これ中心

艦これちゅうしんに、面白そうなフラッシュゲームや人気のアプリゲーなどを紹介して行きます(`・ω・´)ゞ

Month: 5月 2017

我が家の給料日前の救世主は鶏むね肉!むね肉万歳

我が家は20代30代の夫婦と4人の子供たちの6人家族です。
子供たちはみな小学生になり食べる量もだいぶ増えました。しかも4人中3人が男の子です。一番上の5年生のお兄ちゃんは私よりも食べるようになりました。
なので食費は気を付けないと本当にとんでもない額になってしまいます。
なのでなるべく安い食材で栄養もとれて、なおかつボリュームがあるレパートリーを増やそうと日々格闘しています。
私のお気に入りの食材は鶏むね肉です。我が家の食卓には週に二回は登場してもらっています。100g約50円と言う安さ!
本当に助かります。ちなみに牛肉コーナーはドスルーです。
むね肉は脂が少なく、パサパサするのであまり好きではなかったのですが、ひと手間加えればとっても美味しく頂けるのです。
私はむね肉を買ってきたらまず冷水で洗います。そしてフォークでブスブスとさし、砂糖を揉みこんでから料理酒を少々ふるって、あとは放置します。
特に何時間漬けておかなきゃ、とかそこまではしていません。なんの料理を作るときもまず初めにこれをやります。
すると安いむね肉がしっとりとジューシーになるのです。
もも肉派だった旦那も今ではすっかり「むね肉の方が美味しいね!」と言ってくれるようになりました。まだまだこれからレパートリーを増やしていきたいと思っています。総量規制対象外 おまとめローン

SEALDsのデモを見た外国人は呆れている

SEALDsと言えば、安保に反対している学生団体として急浮上してきたグループです。
ラップ調のリズムでそれまでにない(ダサいとも言えますが)反対行動は何度も国内メディアで取り上げられました。
このSEALDsが海外のメディアに取り上げられたのですが、その際のFacebookの反応を見ると、いかに日本が平和なのか実感できるものとなりました。
まずコメントで多かったのですが、アメリカ人の反応です。
その大半は、「アメリカが守っているからこんな無責任なことが言える」「アメリカがいなくても同じことが言えるのか」「アメリカが守っても、日本はアメリカを守れない。それを変えるのが何故悪い」という主張です。
確かに法律上今までは、アメリカ人は有事の際、日本人を守るために戦死することはあっても、逆はあり得ないというルールになっていました。
それを変えるための安保法案なのですから、アメリカ人が賛成するのは当たり前とも言えますね。
他にはベトナムやマレーシア、フィリピンなど、南沙諸島問題で中国と緊張状態にある国の意見も多かったです。
「中国が攻めてきてもこの学生達は同じことが言えるのだろうか」「アメリカの基地が日本にあるから、こんな平和なことが言えるんだね」「いざという時、中国の暴走を止められるのは日本だけ」など、中国の脅威に直面してるだけあって、コメントにもそれが反映されているものが多い印象でした。年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!
実際、日本も人ごとではなく、中国からの領海侵犯や領空侵犯は年々急上昇している訳です。
SEALDsの人たちは、アメリカに守ってもらうけどアメリカを守らないという自己中心的な主張や、中国の脅威を対岸の火事と思っている平和ボケした行動を、海外の人がどういう目で見ているのか、一度確認して欲しいものです。