私はバスで通勤をすることが多く、交通系ICカードを所有しています。交通系ICカードは、suicaやpasmoなどが有名ですよね。ほかにも、icocaやtoicaやsugocaなど全国各地に、いろいろなものがあります。

そして、これらのカードの特徴は電車の切符代わりになるだけではなく、自販機やコンビニやスーパーでの決済に使えることです。そのため、私もICカードを使いコンビニや自販機をつかうことが多いです。

しかし、家計簿をつけてみてわかったことは、ICカードで買い物をすると、割高になっているということです。その理由は、私の住んでいる地域の場合は、ICカードが使えるお店がまだまだ少ないからです。

例えば、コンビニや駅の自販機では使えますが、地元スーパーや商店では使えません。そして、自販機やコンビニで買い物をすると、必然的に割高になるので、当然といえば当然です。

また、ICカードは小銭を出す手間も省け、一瞬で決済が完了できるのが魅力です。そのため、消費意欲が高まるのも、出費が増えた要因です。このことから、ICカードはバスや電車に乗るとき以外は、使わないほうがお得なのかもしれません。私もこれからは、気を付けていきたいです。即日キャッシング