小学校の頃、孔雀王というアニメを見ました。
ストーリーなど一切覚えていません、名前も後に漫画を見つけて読んだことで思い出したほどです。
しかし一つだけ覚えていることがあります。それは霊力です。魔法のような力を、僧侶の主人公が使うのです。
そういう伝奇ものというか、そういった作品のさきがけだったのではないかと思います。メジャー度で言えば幽々白書や地獄先生ぬーべーなどのほうがはるかに上でしょうが、私にとってはああいう霊的なバトルものといえば幼い頃に見た孔雀王なのです。
とにかく幼かった私は霊的な術に魅了されました。不思議な力といえばドラゴンボールの気のような透明な物や、ドラえもんの道具のような科学的なものばかりで、そういうなんだか分からない物を見たことがなかったためでしょう。カードローン おすすめ
それで化け物を退治し、どうなったのかまったく覚えていませんがとにかく派手に戦うシーンだけは記憶しました。
その程度の記憶で後によくその作品にたどり着けたものですが、全体のイメージは記憶していたので何とかなりました。
ともかく、それほど印象に残った作品ですから子供時代の私に与えた影響はかなり大きかったといえます。
それを見てからしばらくの間、私は僧侶はああいう魔法のような力を修行して身につけているものなのだと思っていたものです。