もう20年近く前の話になりますが、当時女の子に大人気だったアニメ、セーラームーン。もちろん私自身も例外ではなく、グッズも買いましたし毎日友達とセーラームーンごっこをするほどハマってました。

ですがこのセーラームーンの最終回が意外とショッキングな展開で当時小学生になったかならないかの私には正直トラウマものでした。

まさか主人公意外が全員死んでしまうなんて…それも1人1人じわじわと。最後にみんなの影が現れて手助けしてくれるシーンは感動的ではありましたが、当時の私にはみんなが死んでしまった事が何よりショックで大人になった今でもその映像は鮮明に思い出せます。でもその後どう生き返って次のシリーズに繋がっていったのかは覚えていないのが不思議です。

それでもセーラームーンが私的に名作なのは変わらず、今でのレンタル店などで見つけるとつい手が伸びてしまいます。一度最初から全シリーズ見直したいものです。即日融資 来店不要

このセーラームーンですが最近リメイクされ、試しに見てみたのですがやっぱり何だかピンときませんでした。

ストーリー自体は昔のままなのですが、過去に好き過ぎた経験が故に絵柄や声が変わった事を受け入れられないのかな、といった感想です。

やはり昔のものには当時見ていた思い出も含めた想いが詰まっているのだなと改めて感じました。